メリットとデメリットから分かるエアドッグがピッタリな人を解説!フィルター交換不要!

※アフィリエイト広告を利用しています

家電情報
スポンサーリンク

空気清浄機で有名なエアドッグですが、メリットとデメリットから特徴を調べました。

メリットは微粒子を強力に集じんし、空気をきれいにできることです。

価格が高かったり、重いといったデメリットもありますが、空気をきれいにする能力を実現する空気清浄機がないので、おすすめです。

また、Airdogはきれいにしたい部屋の広さによって、機種があります。

よって、部屋の広さごとにおすすめのAirdogも紹介していますので、参考にしてください。

<広さ別のAirdog>

●X1D(7畳)

●X3D(17畳)

●X5D(24畳)

●X8D Pro(74畳)

●mini(車内、カフェなど)

エアドッグのメリットとデメリットを調査

エアドッグは、アメリカ・シリコンバレーで開発された空気清浄機で、生産は中国で行っています。

世界各国で販売されており、日本でも人気のある空気清浄機ブランドです。

そこで、人気のあるエアドッグですが、どんな特徴のある空気清浄機かをメリットとデメリットから調べました。

エアドッグとは?

エアドッグの最大の特徴は、独自の「TPAフィルター」を搭載していることです。

このフィルターは、0.0146μmの微小粒子まで捕集することができます。

また、ウイルスやPM2.5、花粉、カビなどの有害物質を除去することができます。

エアドッグのメリット

エアドッグのメリットをまとめてみました。

  • 高い清浄能力
  • パワフルな吸引力
  • フィルター交換不要でランニングコスト不要
  • スマート機能

エアドッグのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

高い清浄能力

エアドッグの特徴にあるようにエアドッグは、独自の「TPAフィルター」を搭載しています。

これにより、ウイルスやPM2.5、花粉、カビなどの有害物質の大きさから0.0146μmの微小粒子まで捕集することができます。

パワフルな吸引力

エアドッグは、パワフルな吸引力により最大で広い部屋でも素早く空気を清浄することができます。

静か

エアドッグは、静音設計にもこだわっています。

睡眠中でも気にならない静音性を実現しています。

フィルター交換不要でランニングコスト不要

エアドッグのTPAフィルターは、水洗いして繰り返し使用することができます。

そのため、フィルター交換の手間やコストがかかりません。

スマート機能

エアドッグの上位モデルには、Wi-Fi接続によるスマホ操作や、空気質センサーによる自動運転などのスマート機能が搭載されています。

エアドッグのデメリット

エアドッグのメリットについて説明しました。次にデメリットをまとめました。

  • 価格が高い
  • 本体重量が重い
  • フィルターが乾燥に時間がかかる

エアドッグのデメリットについて、1つずつ説明します。

価格が高い

エアドッグは、他の空気清浄機と比べて価格が高いです。

機種で価格は異なりますが、最下位の機種で6万円くらい、最上位の機種で37万円くらいです。

本体重量が重い

エアドッグは、本体重量が重いため、移動が大変な場合があります。

機種で重量は異なりますが、最下位の機種で4kgくらい、最上位の機種で20kgくらいです。

持って移動できない、X5DやX8D Proにはキャスターがついていて移動が楽ですね。

フィルターが乾燥に時間がかかる

エアドッグの高い清浄能力のあるTPAフィルターは4層フィルター構造になっています。

  • オゾン除去フィルター
  • 集じんフィルター
  • イオン化ワイヤーフレーム
  • プレフィルター

このうち、水洗いが必要なのは②集じんフィルター、④プレフィルターです。

このうち、②集じんフィルターは大いので水洗い後に乾燥するまで時間がかかってしまいます。

完全に乾燥してからフィルターが使えるので、乾燥するには最大1日は必要でしょうね。

メリットとデメリットから分かるエアドッグをおすすめする人

エアドッグのメリットとデメリットについて分かりました。

価格面や重量のデメリットはありますが、パワフルな微細な粒子まで空気をきれいにするメリットは魅力的ですね。

そこで、エアドッグをおすすめしたい人をまとめました。

  • 花粉症やアレルギー、小さなお子様やペットがいるなど、空気清浄に特にこだわりたい方
  • 広い部屋を素早く清浄したい方
  • 静音性の高い空気清浄機を求めている方
  • スマホ操作や自動運転などのスマート機能を使いたい方
  • フィルター交換の手間やコストを省きたい方

エアドッグをおすすめしたい方をリストアップしました。

おすすめする内容や理由について詳しくみていきましょう。

空気清浄機にこだわりたい方

エアドッグは、独自の「TPAフィルター」を搭載しています。

ウイルスやPM2.5、花粉、カビなどの有害物質を除去したり、0.0146μmの微小粒子まで捕集できます。

よって、花粉症やアレルギー、小さなお子様やペットがいるご家庭では、空気清浄機は必須アイテムです。

エアドッグは、高い清浄能力があるので、家族の健康を守ってくれますね。

広い部屋を素早く清浄したいかた

エアドッグは、パワフルな吸引力も特徴です。

上位機種では広い部屋でも素早く空気を清浄することができます。

そのため、一軒家やマンションなど、広い部屋に住んでいる方におすすめですね。

静音性の高い空気清浄機を求めている方

エアドッグは、静音設計にもこだわっています。

睡眠中でも気にならない静音性を実現しているので、気になりません。

よって、寝室や子供部屋など、静かな環境で使用したい方におすすめです。

スマート機能を使いたい方

エアドッグの上位モデルには、スマート機能が搭載されています。

具体的には、Wi-Fi接続によるスマホ操作や、空気質センサーによる自動運転などです。

よって、最新の機能を求め、より便利に空気清浄機を使いたい方におすすめです。

フィルター交換の手間やコストを省きたい方

エアドッグのTPAフィルターは、水洗いして繰り返し使用することができます。

そのため、フィルター交換の手間やコストがかかりません。

よって、フィルター交換の手間やコストを省きたい方におすすめです。

デメリットよりもメリットの方がすごい!エアドッグの用途別でおすすめ紹介

エアドッグは空気をきれいにできる広さで種類がいくつかありますので、ラインナップを紹介します。

X1D

  • 適用畳数:7畳
  • 静音性:運転音22.2dB~47.7dB
  • サイズ:高さ31cm×奥行35.5cm×横12.4cm
  • 重量:4.25kg

Airdog X1Dは細長いコンパクトなボディながら、高い清浄能力です。

コンパクトなので机の上にも設置できますね。

おすすめの広さは7畳で、30分で23㎡の広さをきれいにします。

X3D

  • 適用畳数:17畳
  • 静音性:運転音22.3dB~45.5dB
  • サイズ:高さ56cm×奥行26cm×横27cm
  • 重量:6.4kg

Airdog X3Dはコンパクトなボディながら、高い清浄能力です。

おすすめの広さは、寝室・子供部屋・会議室といった17畳までの部屋です。

30分間で48㎡分のキレイな空気を供給します。

X5D

  • 適用畳数:24畳
  • 静音性:運転音22.3dB~51dB
  • サイズ:高さ65cm×奥行31.6cm×横30.6cm
  • 重量:11.1kg

最も人気のあるAirdog X5Dは家の大きな空間を清浄したい方におすすめです。

おすすめの広さは17畳で、リビング・店舗・オフィスいった24畳までの広さです。

30分で65㎡の広さをきれいにします。

X8D Pro

  • 適用畳数:74畳
  • 静音性:運転音26.3dB~50.5dB
  • サイズ:高さ77.8cm×奥行40cm×横40cm
  • 重量:20.8kg

Airdog X8D Proは家の大きな空間を清浄したい方におすすめです。

Airdogシリーズで最大の清浄の能力です。

おすすめの広さは17畳で、施設・店舗・オフィスいった74畳までの広さです。

30分で214㎡の広さをきれいにします。

Airdog mini

  • 静音性:運転音31.35dB~51.95dB
  • サイズ:高さ21.2×cm×奥行8.3cm×横7.3cm
  • 重量:510g

Airdog miniはペットボトルタイプで510gの最小サイズです。

清浄能力はミニバンの空気が12分できれいになります。

車内、カフェ、ワーキングスペースなどプライベートの空間での使用がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました