ノースフェイスのホットショットはダサいの?日常から旅行まで使えるおしゃれなリュックですよ!

※アフィリエイト広告を利用しています

生活情報
スポンサーリンク

ノースフェイスのホットショットはダサいという意見があり気になりますよね。

結論として、ノースフェイスのホットショットは全然ダサくありません。

一部の意見としてデザインがダサいというのはありますが、個々の感性の違いからきているのだと考えます。

というのも、ノースフェイスのホットショットは長く利用者に愛されてきた定番です。

利用者も学生、社会人など幅広く利用の範囲も日常から旅行まで便利に使うことができるからです。

そこで、ノースフェイスのホットショットのおすすめ紹介をしますので参考にしてください。

また、キッズ用や少し容量が大きいビッグショットもあります。

<おすすめのノースフェイス リュック>

●ホットショット

●ホットショット ミニ(キッズ用)

●ビッグショット

ダサいかを説明する前にノースフェイスのホットショットの特徴

ノースファイスのホットショットがダサいか調査する前にホットショットの特徴を説明します。

ホットショットは1990年代から人気のある定番モデルです。

ホットショットについて特徴をまとめると次の通りとなります。

  • 充実した機能性
  • 高い耐久性
  • 人気のデザイン
  • 豊富なカラーバリエーション

ノースフェイスのホットショットの特徴について詳しく見ていきましょう。

充実した機能性

ノースフェイスのホットショットの機能性として、収納力と背負い心地が特徴です。

収納力について、メインコンパートメントはA4サイズに対応し、書類やノートパソコンなどを収納できます。

フロントポケットには、スマートフォンや財布などの小物を収納できます。

背負い心地について、背面にはパッドが入っており、長時間背負っていても疲れにくいです。

また、チェストストラップとウエストベルトも装備されており、荷物を安定して持ち運ぶことができます。

高い耐久性

ノースフェイスのホットショットの耐久性として、生地と撥水性が特徴です。

生地ついて、厚手で密度の高い生地なので、摩擦や擦れに強く、長年愛用しても破れにくいです。

特に、底部は二重構造になっているため、地面との摩擦によるダメージを受けにくく、さらに耐久性を高めています。

また、生地の密度が高いため、鋭利な物で引っ掻いても簡単に破れません。

撥水性について、生地に撥水加工が施されているため、水を弾き、雨の日でも安心して使用できます。

ただし、完全防水ではないので、長時間雨に濡れる場合は注意が必要です。

人気のデザイン

ノースフェイスのホットショットはシンプルで飽きのこないデザインでどんな服装にも合わせやすいです。

また、レトロな雰囲気のデザインは、近年人気が高まっています。

そして、男女問わず使いやすいデザインです。

豊富なカラーバリエーション

ノースフェイスのホットショットはブラック、ネイビー、カーキなど、豊富なカラーバリエーションがあります。

また、季節限定カラーもあるので、自分好みのカラーを選ぶことができます。

ノースフェイスのホットショットがダサいかを調査

ノースフェイスのホットショットの特徴について説明しました。

ホットショットは、機能性、耐久性、デザイン、カラーバリエーションのすべてにおいて優れたリュックですね。

一方でホットショットはダサいという意見もあるので、まとめてみました。

  • デザインが古臭く感じる
  • 野暮ったく感じる
  • 個性がないと感じる

ノースフェイスのホットショットのダサいという意見について詳しく見ていきましょう。

デザインが古臭く感じる

ホットショットのデザインが古臭く感じるのは、流行に敏感という感性からの意見と考えます。

その理由として、流行の最先端を行く人にとっては、レトロデザインはすでに過去のものとして映るからです。

しかし、90年代のアウトドアブームを彷彿させるレトロな雰囲気があります。

近年、レトロブームが再燃しており、ホットショットのようなレトロなデザインが再び注目されています。

野暮ったく感じる

ホットショットのデザインが野暮ったく感じるのは、アウトドアブランドのリュックが苦手という人もいるからです。

アウトドアブランドのリュックは、機能性を重視するため、デザインが野暮ったく見えてしまうことがあります。

特に、ホットショットは、収納力や耐久性を重視しているため、タウンユースには少し重厚な印象を与えるかもしれません。

しかし、一方でホットショットは、機能性とデザイン性のバランスが取れたリュックです。

収納力や耐久性はもちろんのこと、シンプルなデザインでどんな服装にも合わせやすいのが魅力です。

個性がないと感じる

ホットショットのデザインについて個性がないと感じるのは、街中でよく見かけるためです。

ホットショットは、長年販売されている定番モデルなので、人と被るのが嫌な人にとっては、個性がないと感じるかもしれません。

しかし、ホットショットは流行に左右されないデザインなので、長く愛用することができます。

そこで、ホットショットの中でも限定モデルを選んだりすることで人と違う個性を見せることもできます。

ノースフェイスのホットショットはダサいの?ダサくないの?

結論として、ノースフェイスのホットショットは魅力的な面があり多くの人に愛されたリュックなのでダサくはないです。

デザインを好きか嫌いかで考えるとそれぞれの感性で考えるので一定数の人からダサいという意見はでます。

しかし、ノースフェイスのホットショットは長く愛されてきた定番リュックですから、ダサくはないと考えてよいですね。

もし、ホットショットがダサいと感じたら別のリュックを選べばよいのです。

ダサくはないノースフェイスのホットショットのおすすめ紹介

ホットショット

  • サイズ(cm):幅35×高さ51×マチ16
  • 重量(g):1,038
  • 容量(L):30

ノースフェイス ホットショットはアウトドアでも日常でも使いやすい多機能なバックパックです。

背骨のラインに合わせてクリアランスを持つスパインチャンネル構造で背骨への負担を軽減。

また、エアメッシュと立体構造により高い通気性を確保します。

学生や社会人の日常利用から旅行やレジャーにも最適。

A4判のPCも収納可能なので仕事にも便利ですね。

ホットショット ミニ

  • サイズ(cm):幅24×高さ36×マチ11
  • 重量(g):460
  • 容量(L):13

ノースフェイス ホットショットミニはホットショットのミニサイズ。

バックパネルとショルダーハーネスには通気性の良いエアメッシュを採用しています。

ホイッスル付きのチェストストラップは取り外し可能でフロントには大きな収納ポケットあります。

内部にメッシュのバインダーポケットを装備。通園やちょっとしたお出かけなど、普段使いに適した13Lです。

ビッグショット

  • サイズ(cm):幅32.5×高さ50×マチ20
  • 重量(g):1000
  • 容量(L):33

ノースフェイスのビッグショットはホットショットより収納力を求めている方に向いています。

メインコンパートメントは、大きく開閉するパネルローディングタイプです。

17インチまでのノート型PC専用スリーブとハイドレーション用のスリーブポケット付き。

メイン生地と補強生地の両方にリサイクル素材を採用し、環境保護へも配慮しています。

たっぷり入る33リッター容量の中型サイズです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました