セキュリティポーチはいらないかを検証!海外旅行では貴重品盗難防止では必要でおすすめも紹介!

※アフィリエイト広告を利用しています

旅行グッズ
スポンサーリンク

海外旅行でセキュリティポーチはいらないかについて検証しました。

セキュリティポーチはいらないかに対する結果は、「セキュリティポーチは必要」です。

貴重品はリュックやカバンに入れておけば安心なので、セキュリティポーチはいらないという考えもあります。

しかし、置き引きなどの盗難に合うと海外では非常に面倒になることを考えるとセキュリティポーチで貴重品は守りましょう。

そこで、貴重品を盗難から守るセキュリティポーチには、いくつか対策が施されています。

それは、スキミング防止、防水機能などです。

多機能なセキュリティポーチのおすすめも紹介していますので海外旅行の参考にしてください。

<おすすめのセキュリティポーチ>

●LiberFlyer (腰巻)

●LiberFlyer (首掛け)

●skipo(腰巻)

●ソロツーリスト×地球の歩き方(首掛け)

●ソロツーリスト×地球の歩き方(財布)

●GOKEI (腰巻)

●comfox(首掛け)

いらないの!?セキュリティポーチに入れるモノは?

海外旅行では貴重品をなくさない、とられないようにセキュリティポーチがあると便利です。

結音として、セキュリティポーチは海外では貴重品管理のため、必要ですね。

貴重品がなくなると、海外で再取得は非常に面倒ですからね。

最初に、セキュリティポーチには何を入れるのかを説明します。

セキュリティポーチは肌身離さずに持ち歩くため、以下の貴重品を入れます。

  • パスポート(そのコピー)
  • クレジットカードや現金
  • スマホ
  • 連絡先
  • 旅行券

パスポート(そのコピー)

パスポートやそのコピーは海外旅行で最も重要なアイテムです。

パスポートがないと状態で帰国できませんので、再発行手続きをする必要があり大変面倒です。

また、パスポートのコピーがあると再発行を行う時、便利です。

クレジットカードや現金

財布の現金が盗難にあっても別のクレジットカードや現金があれば、お金を使えますので便利です。

電車やタクシーの移動や買い物もできますので、余裕をもってお金を分けて所有していると安心です。

スマホ

最近ではスマホも盗難の対象です。

スマホを見せびらかしているつもりはなくとも、スマホは海外では盗まれることが多いです。

連絡先

海外での連絡先をまとめておくと便利です。

通常はスマホにまとめておきたいところですが、上述のようにスマホは海外では盗難の対象です。

ホテルや知人、旅行会社、保険会社の連絡先などをまとめておくと慌てなくて安心です。

自宅の鍵やスーツケースの鍵をセキュリティポーチにいれておくと安心です。

スーツケースに自宅の鍵を入れておくということも考えられますが、盗難にあった場合も考え、セキュリティポーチに入れて置くことも必要です。

旅行券

次の目的地や帰りの旅行券・電車の切符を入れておくと安心です。

いらないって誰が言った!?セキュリティポーチのメリット・デメリット

海外旅行でのセキュリティポーチに入れる貴重品の説明をしました。

次に貴重品を入れるセキュリティポーチのメリットとデメリットについて解説します。

先に結論を書くとデメリットよりもメリットの方が大きく、海外旅行にはセキュリティポーチは必要です。

セキュリティポーチのデメリット

セキュリティポーチのデメリットについて、タイプ(首掛け・腰巻)でまとめました。

  • 夏は蒸れやすい
  • 薄着だと透けて分かる(首掛け)
  • ズボンやスカートがきつくなる(腰に巻く)

夏は蒸れやすい

夏にセキュリティポーチを装着していると汗で蒸れてしまいます。

その場合、蒸れにくいメッシュ構造の素材でできているセキュリティポーチを選ぶと蒸れが軽減されます。

薄着だと透けて分かる(首掛け)

夏など薄着で首掛け式のセキュリティポーチだと、首から下げていることが分かってしまいます。

この場合は腰に巻くタイプが盗難されにくいのでよいです。

ズボンやスカートがきつくなる(腰巻)

腰に巻くセキュリティポーチの場合、ずれないようにきつく締めてしまうとズボンやスカートがきつくなる時があります。

ズボンだど、お手洗いで邪魔になるケースがあるので余裕が必要です。

セキュリティポーチのメリット

セキュリティポーチのメリットについて、タイプ(首掛け・腰巻)も考慮してまとめました。

メリットには、貴著品を守る機能や工夫が見られますね。

  • 貴重品を守れる
  • セキュリティ機能が充実
  • ひもの長さ調整や斜め掛けができる(首掛け)
  • 薄着でも着用できる(腰巻)

貴重品を守れる

治安の状況が完全に分からない海外旅行では、貴重品を守ることは必須です。

そうするとセキュリティポーチは最低限の貴重品を守るアイテムと考えます。

セキュリティ機能が充実

セキュリティポーチは単なる貴重品を入れるポーチではありません。

以下の盗難防止など多機能となっているセキュリティポーチがあります。

  • カードの磁気情報を読み取るスキミング防止機能
  • 貴重品をから守る防水素材
  • 貴重品を分類しやすい多くのポケット

ひもの長さ調整や斜め掛けができる(首掛け)

ひもの長さを調整することで自分で貴重品を守りやすい位置に調整できます。

また、斜め掛けすることでさらに安全性を高めることもできます。

薄着でも着用できる(腰巻)

腰に巻くタイプのセキュリティポーチでは、薄着でも着用できます。

ズボンのベルトあたりに固定できるとずれ落ちないので安全性が高まりますね。

いらないから必要へ!おすすめのセキュリティポーチを紹介

LiberFlyer (腰巻)

LiberFlyerの腰に巻くタイプのセキュリティポーチです。

ポケットはメイン以外にフロントと背面にもあるので貴重品の分類で収納できます。

また、スキミング防止機能や防水機能も充実しています。

LiberFlyer (首掛け)

LiberFlyerの首に掛けるタイプのセキュリティポーチです。

パスポート、クレジットカード、現金、旅券といった必要最低限の貴重品が収納できますね。

ポケットは6つあり、収納力は高いです。

また、スキミング防止機能や防水機能も充実しています。

skipo(腰巻)

skipo(スキポ)の腰巻タイプのセキュリティポーチです。

ポーチ全体にスキミング防止素材を採用しているのでクレジットカード対策は万全です。

素材が撥水加工されているので、雨や水滴をはじき中身を守ります。

薄型のウエストポーチなので服の下にもすっきりしまうことができますね。

ベルトは70cmから120cmまで調整でき、男女ともに安心して使えます。

ソロツーリスト×地球の歩き方(首掛け)

ソロツーリスト×地球の歩き方のコラボ商品で、首掛けのセキュリティポーチです。

ポーチはスキミング防止、撥水加工、抗菌加工されています。

スキミング防止には電磁波シールド材(ダイワボウオーシャンテック)が採用されていて安心ですね。

ソロツーリスト×地球の歩き方(財布)

ソロツーリスト×地球の歩き方のコラボ商品で、財布タイプのセキュリティポーチです。

チェーン付の財布タイプでチェーンをベルトに掛けて盗難を防止します。

スキミング防止機能として、対策フィルムが内蔵されています。

GOKEI (腰巻)

GOKEIの腰巻タイプのセキュリティポーチです。

0.8cmの超薄型腹巻きタイプのウエストポーチなので服の下にもすっきりしまうことができますね。

メインポケットには内蔵RFIDスキミング防止機能が採用されています。

撥水加工を施した生地を使用し、高い撥水性から水を弾き、雨が降ってもサッと拭き取れ安心です。

comfox(首掛け)

comfoxの首掛けタイプのセキュリティポーチです。

カード収納ではポーチの表と裏の生地にスキミング防止機能を採用しています。

防水機能も充実して、撥水加工されています。

また、ペン収納、カード収納、コイン収納も便利で取り出しやすくなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました