【おすすめ】一人暮らしで必要なドラム式洗濯機

※アフィリエイト広告を利用しています

一人暮らし家電
スポンサーリンク

一人暮らしを始める際に、どんなドラム式洗濯機を選べばよいか迷う人が多いと思います。一人暮らしの生活スタイルも様々でこんな機能の家電を買いたいという方もいますが、家電を使う際には基本機能で十分とし価格もリーズナブルなものとします。おすすめのドラム式洗濯機を見てもらい、メーカ、種類、機能、価格といろんな条件を確認しながら自分に合った洗濯機を選ぶヒントになれば幸いです。

一人暮らし用洗濯機のドラム式と縦型の違い

一人暮らしで必要な洗濯機は洗濯容量が小さめのものがおすすめです。ドラム式洗濯機のおすすめを見ていく前に、一人暮らしで必要なドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違いについて、簡単にまとめました。

一人暮らしで必要な洗濯機の選び方について以下で紹介していますので、よかったら見てください。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のメリット・デメリット

一人暮らし向けのドラム式洗濯機と縦型洗濯機の主なメリットとデメリットについてまとめました。

一人暮らし向けの洗濯機の機能として、乾燥機能や温水機能の利用で洗濯物の乾燥時間を短くしたい場合はドラム型洗濯機がおすすめです。乾燥機能や温水機能が不要な場合は縦型洗濯機でよいでしょう。

ドラム式洗濯機の大きさは?

ドラム式洗濯機の大きさもいろいろあります。では、一人暮らしに適した大きさのドラム式洗濯機はどれくらいでしょうか?

一般的には、1人が1日で洗濯する衣類の量は、1.5kg程度と言われています。
一人暮らしの方で毎日洗濯しない場合、3日に1回なら4.5kgの洗濯が必要ですし、1週間に1回なら10.5kgの洗濯が必要となります。

洗濯機メーカ各社のドラム式洗濯機で最小の洗濯容量が7kg(2023年2月時点)なので、一人暮らしのドラム型洗濯機の洗濯容量としては、7~10kgの範囲が妥当かと思います。

おすすめのドラム式洗濯機

Panasonic

NA-VG770L

洗濯容量7kg、乾燥容量3.5kgとドラム式洗濯機では最小クラスです。

Panasonicのスゴ落ち洗浄と温水機能から節水でも汚れ落ちはよいです。また、低温パワフル乾燥により、乾燥機能も充実しています。

デザイン的には、Cubleシリーズなのでインテリアとして魅せる洗練されたデザインです。

また、扉は右開けタイプと左開けタイプがあるので、設置場所の状況で選べます。

出典:楽天 

NA-VG2700L

NA-VG770Lより少し大きめの洗濯容量10kg、乾燥容量5kgのドラム式洗濯機です。

Panasonicのスゴ落ち洗浄と温水機能から節水でも汚れ落ちはよいです。また、低温パワフル乾燥により、乾燥機能も充実していいるのに加え、以下の機能が充実しています。

  • アプリ専用コースによるスマホで洗濯
  • ナノイーXによる清潔機能
  • 液体洗剤・柔軟剤による自動投入による使いやすさ
  • AIエコナビによる節水・時短・節電

デザイン的には、Cubleシリーズなのでインテリアとして魅せる洗練されたデザインです。

出典:楽天

シャープ

ES-S7G

洗濯容量7kg、乾燥容量3.5kgとドラム式洗濯機では最小クラスです。

シャープのプラズマクラスターによる衣類の除菌や洗濯槽のカビ抑制とひまわりガラスによるドアの裏側でのこすり洗いによる洗浄が特徴です。乾燥機能として、ヒーターセンサー乾燥を採用しています。

また、節水機能が高く、洗濯時の標準使用水量は、NA-VG770が69Lに対して、ES-S7Gは57Lです。ただし、洗濯から乾燥まで含めると、標準使用水量は、NA-VG770が57Lに対して、ES-S7Gは80Lです。

このクラスとしてはお手頃な価格です。

出典:楽天

ES-H10G

ES-S7Gより少し大きめの洗濯容量10kg、乾燥容量6kgのドラム式洗濯機です。

シャープのプラズマクラスターによる衣類の除菌や洗濯槽のカビ抑制とひまわりガラスによるドアの裏側でのこすり洗いによる洗浄が特徴です。乾燥機能として、ヒーターセンサー乾燥を採用しています。

ES-H10Gはこれらに加え、洗浄機能としてマイクロ高圧洗浄により、清潔な水道水を毎秒100万個以上の微細な水滴にして衣類に噴射することで落ちにくい皮脂汚れもスッキリキレイになります。

さらに、極め洗いコースがあり、洗い運転中にサポートヒーターで温めた約40℃の温風をドラム内に送風して濡れた洗濯物を温めて洗剤の効果を引き出し、油分などの汚れを浮かせます。黄ばみやしみついた汚れを効果的に落とすために、洗濯量は2kg以内が推奨されています。

(出典:シャープ Q&A情報)

出典:楽天

アイリスオーヤマ

FL81R-W

洗濯容量は8kgです。乾燥機能はありません。温水機能がついていて、ニオイ・黄ばみを除去する温水洗浄が可能。洗浄液を温めて酵素の力を高め、洗浄効果を最大限に引き出します。衣類に合わせて、60℃・40℃のコースを選択可能。最終すすぎの水温を高めることで、乾燥時間を20~30%ほど短縮する「部屋干しモード」を搭載。

また、毛布に加えふとん(2kgまで)、羽毛(ダウン)(2kgまで)洗濯コースがあり、家では洗えないふとんや羽毛(ダウン)が洗濯できます。

出典:楽天

 

AQUA

AQW-F8N

洗濯容量は8kgです。乾燥機能はありません。

温水機能のお湯洗いコースは落ちにくい黄ばみや除菌を行い、 3ステップ洗浄によりムラなくキレイな仕上がりにします。

出典:楽天

 

Haier

JW-TD90SA

洗濯容量は9kgです。乾燥機能はありません。

皮脂の汚れは冷たい水ではなかなか落ちにくいもの。お湯洗い機能で皮脂の汚れを浮かしてしっかりキレイに洗いあげます。

また、毛布に加えふとんが1kgまで洗え、洗濯できるスーツは2kgまで洗えます。

出典:楽天

 

まとめ

一人暮らしに必要なドラム式洗濯機のおすすめについて、書きました。ドラム式洗濯機は縦型洗濯機よりも価格が高いですが、乾燥機能や温水機能が充実していて、一人暮らしにおける洗濯後の衣類が早く乾くので価格に見合っていると感じてもらえればドラム式洗濯機も候補に入れてもらえるとよいでしょう。

また、購入前に一度、家電量販店や町の電気屋さんに相談してから購入の判断をしても遅くはないので考えに入れてもらえるとよいと

おわりに購入前の注意点を書いていますのでご覧ください。

注意点

家電の搬入経路や入口の確認

搬入の際、家電(特に、冷蔵庫や洗濯機)が通れるような長さが確保されているかの確認が必要です。
具体的には、マンションやアパートの玄関、エレベータ、住居の入口・ドアなど業者が家電を持って通れるかとなります。
家電の縦・横・高さの長さが搬入経路上、問題ないかメジャーなどで事前に確認しておくとよいでしょう。

具体的には、

余裕をみて、本体幅+10cm、本体高さ+10cmくらいのスペースがあるかチェックしておきましょう。

家電の設置場所の大きさ、広さ

家電を設置したとき、設置場所の大きさと合うか事前に確認が必要です。家電の縦・横・高さの長さが設置場所に合うか事前に確認しておくとよいでしょう。また、洗濯機については水道の蛇口の位置が合うかのチェックも事前にしておくとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました