【違い比較】三菱冷蔵庫 MR-P15Hは前の機種MR-P15Gと何が違うの?

※アフィリエイト広告を利用しています

一人暮らし家電
スポンサーリンク

一人暮らしにもちょうどいいシャープ冷蔵庫 MR-P15Hについて、約1年前に発売された前の機種MR-P15Gと何が変わったのかを調査しました。理由は現行機種への口コミが少ないことと前の機種の口コミによって、違いが分かるかもと考えました。別のブログにもまとめていますが、中食中心の方に十分な冷蔵庫だと思います。よければこちらもご覧ください。

結論

いきなり、結論から入りますが、三菱冷蔵庫 MR-P15Hは約1年前に発売されたMR-P15Gとの違いは見られませんでした。ただし、変更していない分、機能性は十分で便利に使えます。また、価格の推移予想(2023/3以降)も書いています。

まとめるとシャープ冷蔵庫 MR-P15Hはこんなに人にピッタリかと思います。ぜひ参考にしてください。

  • 一人暮らし(二人用もOK)
  • 中食中心の方にもちょうどいい
  • 国内メーカーが良い方
  • 基本機能で十分な方
  • 価格は5万円近辺で問題ない方
  • 冷凍室が40L以上が良い方
  • スリムなタイプ(幅が50cm以下)が良い方
  • 従来の白物家電の色ではなくマットなデザインを好む方
  • 霜取り不要が良い方
  • トップテーブルに電子レンジを置きたい方

三菱冷蔵庫 MR-P15Hについて

2022年10月に発売された三菱冷蔵庫 MR-P15Hと前の機種であるMR-P15Gとの違いを確認する前に、現行機種のMR-P15Hについて、特徴や仕様についてまとめました。

MR-P15Hの基本情報

メーカー型番価格帯
[円]
容量
(全体/冷蔵室/冷凍室)
[L]
扉方向寸法
(幅/奥行/高さ)
[mm]
重量
[kg]
年間消費電力量
[kWh/年]
定格消費電力
電動機/電熱装置
[kWh/年]
カラー発売時期その他
三菱MR-P15H48,000~55,000146/100/46480/595/1,2133530451/92マットホワイト
マットチャコール
2022年10月ファン式
抗菌耐熱(約100℃)トップテーブル
2ドア

色はマットホワイトとマットチャコールの2色です。マット系なのでとても落ちついた感じになっています。

MR-P15Hの特徴

外形は50cm以下のスリムボディです。また、高さが約1.3mで冷蔵室が上になっていて冷凍室は下です。冷蔵室は46Lなので冷凍食品が多く収納できますね。また、耐熱トップテーブル機能(温度100℃・荷重30kg)があるので電子レンジなどを置くことができ、場所を有効に使えますね。また、冷蔵室の低温ケースは気になりますね。

耐熱テーブルの使い方として、わかるように目安線があります。この線まではレンジなどを置いてよいのですが、ここを超えておくと冷蔵庫が変形する可能性があります。誰でもわかるように線で明示的にしていますね。

温度調節は簡単です。冷凍室と冷蔵室のつまみを変えることで調節します。形が同じなので間違わないようにする必要がありますね。

冷蔵庫内部は冷蔵室の上部に吹き出し口(2か所)あり、庫内LEDもその付近にあります。温度調整部は真ん中より下あたりに冷蔵と冷凍の2つのつまみが並んでいます。タマゴケースが付属でついていて庫内に置くことができますね。

低温ケースが下にあり、ハムチーズなどの加工食品の保存に便利です。野菜などの水分が多い食材は適さないそうです。

高さが調整できるガラスシェルフは2枚あり、4か所で調整可能です。

扉には一番下のボトルポケットにボトルストッパーがあるので、扉を開ける際にペットボトルが倒れるのを防ぎます。

かゆいところに手が届くといった機能がありますね。

冷凍室は2段式で、上段には製氷皿や製氷コーナーと食品の小物を収納し、下段には少し大きめの食品を収納することができます。

蒸発皿が冷凍室の裏側にあり、ここで霜取りを自動で行っていますね。

省エネ性能の多段階評価は1.5なので約57%くらいです。

MR-P15HとMR-P15Gの違い

結論から言うと、特徴や仕様について、見える形での変更点は見つけられませんでした。取扱説明書もほぼ、同じ内容でした。

口コミ

現行機種MR-P15Hは発売からあまり時間がたっていなかったので以下の口コミがありました。評価についてポジティブなコメント内容です。

【デザイン】
黒で家電の色を統一しているのでマットでインテリアには良いです。
但し、指紋が目立ち、ベタベタとつくのが予想外でした。

【使いやすさ】
シンブルで使いやすいです。

【静音性】
コンプレッサーの音はしますが、1LDKの部屋でうるさいと思った事はないです。

【サイズ】
ソフトドリンクと冷凍食品くらいしか入れないので不自由ないです。

【機能】
強弱くらいでシンプル。

-価格.com-

続いて、前の機種MR-P15Gの口コミです。

以下の口コミはおおむね良いです。

デザイン、使いやすさ、静穏性、サイズ、機能について悪いコメントはあまりなかったですね。

【デザイン】シンプルで良いです
【使いやすさ】冷凍室が引出し式でらくです
【静音性】思ったよりも静かでした
【サイズ】二人暮しにもちょうど良いです
【機能】氷の受け皿がセット出来るので便利です
【総評】思ったよりも容量があり文句なしです

-価格com-

ワンルームに置いても音が気にならない。扇風機の方がうるさい。 天面が耐熱フルフラットで耐荷重30kgまでなので、電子レンジとポットを置いても余裕です。 庫内灯がLEDと棚がガラスシェルフで見やすく、掃除もしやすそうで衛生的で良い。 温度調節も冷蔵室と冷凍室が、それぞれ3段階切り替えできる。 2段階の中でも良く冷えている。 野菜室が無いのが少し不満ですが、低温ケース-2℃〜4℃があるのでお刺身や肉の保存に便利そうです。 以前の冷蔵庫は100Lの物からの買い替えですが、146Lあればかなりまとめ買いできる。 残りの単身赴任期間もこれで食べる心配なしかなと思わせる。買って良かった冷蔵庫です。

-Yahoo!ショッピング-

今後の価格予想

前の機種のMR-P15Gと現在の機種のMR-P15Hの価格の推移を重ね合わせました。(出典:

価格.com)

SMR-P15Hのマットホワイトとマットチャコールの両方とも、発売時点(2022年10月)に比べて、価格は下がっています。今後、MR-P15Hの価格推移想定では次の機種が出るまで、MR-P15Gの価格推移実績の傾向から、上昇はしないと推測します。

具体的に、3月は企業の決算期なので価格が下がると予想できます。その次に価格が下がるのは夏にかけてと予想されます。

以下のグラフがマットチャコールとマットホワイトです。それぞれ、上がMR-P15Gで下がMR-P15Hです。

まとめ

三菱冷蔵庫 MR-P15Hについて、口コミが少なかったので約1年前に発売された前の機種MR-P15Gとの比較を行いました。仕様や特徴、取扱説明書など見える部分で違いは見つけられませんでした。機能の変更や改善がなかったのはMR-P15H、MR-P15Gともに利用者に満足のいく製品という証拠だと思いました。実際、MR-P15Gの口コミもポジティブな内容がほとんどでした。MR-P15Hの今後の価格の推移もMR-P15Gの過去実績を見ながら、必要なタイミングで購入の検討をしていただければと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました