【違い比較】ハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nは前の機種JR-NF140Mと何が違うの?

※アフィリエイト広告を利用しています

一人暮らし家電
スポンサーリンク

一人暮らしにもちょうどいいハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nについて、約1年前に発売された前の機種JR-NF140Mと何が変わったのかを調査しました。理由は現行機種への口コミが少ないことと前の機種の口コミによって、違いが分かるかもと考えました。別のブログにもまとめていますが、中食中心の方に十分な冷蔵庫だと思います。よければこちらもご覧ください。

結論

いきなり、結論から入りますが、ハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nは約1年前に発売されたJR-NF140Mとの違いは見られませんでした。ただし、変更していない分、機能性は十分で便利に使えます。また、価格の推移予想(2023/3以降)も書いています。

まとめるとハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nはこんなに人にピッタリかと思います。多くの項目が当てはまれば、ぜひ購入の参考にしてください。

  • 一人暮らし(二人用もOK)
  • 中食中心の方にもちょうどいい
  • 基本機能で十分な方
  • 価格は3~4万円とお得な買い物を考えている方
  • 冷凍室が40L以上が良い方
  • スリムなタイプ(幅が50cm以下)が良い方
  • 色はホワイトのみだがデザイン性としてシンプルが好きな方
  • 霜取り不要が良い方
  • トップテーブルに電子レンジを置きたい方

ハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nについて

2022年12月に発売されたハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nと前の機種であるハイアール冷蔵庫 JR-140Mとの違いを確認する前に、現行機種のJR-NF140Nについて、特徴や仕様についてまとめました。

JR-140N基本情報

メーカー型番価格帯
[円]
容量
(全体/冷蔵室/冷凍室)
[L]
扉方向寸法
(幅/奥行/高さ)
[mm]
重量
[kg]
年間消費電力量
[kWh/年]
定格消費電力
電動機/電熱装置
[kWh/年]
カラー発売時期その他
HaierJR-NF140N34,000

40,000
140/92/48495/553/1,2533728250Hz:60/110
60Hz:65/110
ホワイト2022年12月ファン式
手動製氷
耐熱性天板
上板耐荷重30kgまで
2ドア

色はホワイトのみのデザインはシンプルですが、家具や日用品と合わせるとすごくきれいです。また、部屋の全体感もすっきりしていてあまり生活感が出ませんね。

JR-NF140Nの特徴

外形は50cm以下のスリムボディです。また、高さが約1.3mで冷蔵室が上になっていて冷凍室は下です。冷蔵室は48Lでこの冷蔵庫の大きさにしては冷凍食品が多く収納できますね。また、耐熱トップテーブル機能(温度100℃・荷重30kg)があるなので電子レンジなどを置くことができ、場所を有効に使えますね。

冷蔵室および冷凍室の温度調節は冷蔵室の奥にそれぞれあり、以下の通りです。お好みの温度に別々に調整できるのがいいですね。

冷蔵室は棚板と高さ調整可能トレイが3か所あり、好きな位置に棚板を設置することができます。冷蔵室の一番下は引出し式のクリアバスケットがあり、内部が見えて食材が収納できます。

冷凍室はバスケットが大、小の2つに分かれていますので効率的な収納でできます。

扉は冷蔵室、冷凍室ともに右の方へ開けるようになっています。

省エネ性能の多段階評価は1.7なので約57%くらいです。

JR-NF140NとJR-NF140Mの違い

口コミ

JR-NF140Nの口コミです。口コミの数が少ないですが、ポジティブな意見でした。

冷蔵室、冷凍室どちらも右開きのドアになっています。冷蔵庫は上、冷凍室は下になっているタイプです。これまで使っていた冷蔵庫も下が冷凍室だったので、違和感なく使えています。
冷凍室には、引き出し式クリアバスケットが上下についています。
透明なので奥の方まで見やすくて、引き出し式なので出し入れがとてもしやすいです。

長時間ドアを開けなっぱなしにしなくてもよいので気にいっています。
冷蔵室の方は、強化ガラス棚が使われているので頑丈です。
重いものでも冷蔵できます。位置も変えられるので便利です。
LEDが上についていますが、とても明るいので庫内が見やすく、また綺麗に見えます。冷蔵室の温度調整ダイヤルと冷凍室の温度調節ツマミがついているので、季節などに応じてカスタマイズできるようになっています。

-出典:価格.com-

次に、前の機種JR-NF140Mの口コミです。

付属の製氷皿と冷凍庫の扉が大きく開けないと中のボックスにひっかるといったコメントも出ています。それ以外は、使い勝手が良い意見です。

【デザイン】
ドア表面はつるつる、天板はザラザラで見た目はシンプルかつ普通。

【使いやすさ】
冷凍庫が開き戸なのはどうかと思ったが、バスケットの側面から中身が確認できるので意外と使いやすい。
ただし冷凍庫のバスケットは2つとも深めとなっているので、付属の製氷皿ではかなり使い勝手が悪い。
製氷したい人は氷ボックス付の製氷皿を別途購入することをお勧めします。
私はそれほど氷を使わないので、市販のパック入りの氷を買って冷凍庫へ入れています。
また、開き戸と中のボックスとの仕様により、冷凍庫の扉はしっかり開かないと中のボックスが扉に引っかかりますので御注意を。

【静音性】
冷蔵庫としては普通レベル。
特に気になったことはありません。

【サイズ】
サイズはコンパクト。
冷凍庫の容量が多めなので、冷凍庫を多用する人には良いと思います。
冷蔵庫の容量としては偶に自炊する程度であれば問題はないが、毎日料理をする人にとっては少し物足りないとは思う。
偶に料理する程度の一人暮らしであれば十分な容量かと。

【機能】
霜取りが自動。
冷却性能もかなり冷える。

【総評】
自前で製氷し難い事以外は特に不便な事も無く、普通に使い勝手の良い冷蔵庫。

-出典:価格.com-

【デザイン】
上下2段の標準的なデザインです。冷蔵室は上で右開き、
冷凍室は下で、引き出し式となっています。
【使いやすさ】
特に、冷凍室が使いやすいです。冷蔵庫全体に対する
冷凍室の割合が大きめなので、比較的たくさんの冷凍品を
入れることでいるのと、庫内には、透明のバスケットがあるので
整理整頓しやすいです。
【静音性】
個人差はあるとおもいますが、自分には気になるような音ではないです。
【サイズ】
一人向けのサイズの140Lの大きさです。横幅は50cmくらいなので
かなりスリムです。
【機能】
冷凍室の霜取りは不要です。

-出典:価格.com-

一人暮らしにも便利は霜取り不要や耐熱天板があることが購入の決め手になったようですね。

一人暮らしの子ども用に購入。作り置きすることを考えてやや大きめサイズであること、霜取り自動機能、耐熱天板等の機能が条件にマッチしたことが決め手となりました。冷凍庫の容量が大きく沢山入るので使い勝手がいいそうです。

-出典:Yahooレビュー-

今後の価格予想

前機種のJR-NF140Mと現機種のJR-NF140Nの価格の推移を重ね合わせました。(出典:

価格.com)

JR-NF140Nは発売時点(2022年12月)に比べて、価格は下がっています。今後、JR-NF140Nの次の機種が出るまではJR-NF140Mの価格推移実績の傾向から、大きく価格が下がることはないと推測します。

下のグラフが価格推移で上がJR-NF140Mで下がJR-NF140Nです。

まとめ

ハイアール冷蔵庫 JR-NF140Nについて、約1年前に発売された前機種JR-NF140Mとの比較を行いました。仕様や特徴、取扱説明書など見える部分で違いは見つけられませんでした。改善がなかったのはJR-JR-NF140N、JR-NF140Mともに利用者に満足のいく製品という証拠だと思いました。価格の推移も今後の予測を見ながら、必要なタイミングで購入の検討をしていただければと考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました